海外ウェディングを考える

現在では、日本国内での挙式だけではなく、海外ウェディングを行うカップルも増えてきました。その中で一定の人気を誇っているのが、ヨーロッパでの挙式です。 ヨーロッパには様々な国がありますが、殆どの国において、日本よりもキリスト教に対する信仰が根付いています。そのため、教会の規模や芸術性が高く、厳かな挙式となることでしょう。教会だけではなく、城や宮殿などで式を挙げることもでき、ファンタジーの世界に入り込んだような一時を味わうことができます。

結婚は二人の人生が交差する瞬間であり、生きる時間を分かち合うということから、宗教的な観念で捉えられることもあります。西洋文化において主要な宗教となるキリスト教でも同様であり、西洋の結婚式は、信者の婚姻の際に神の祝福を与えたことが由来となっています。古代ギリシャでは、ギリシャ神話の主神であるゼウスと、その妻であり結婚の神であるヘラに対する儀式などが行われていたなど、時代や国によって結婚のスタイルは違いました。ですが、神などの崇拝対象に祈りを捧げる、祝福を受けるといった部分では共通しています。 そうした洋式を持つヨーロッパでの海外ウェディングで、人気の国を挙げてみましょう。

フランスやイギリスであれば教会だけではなく、森や川に囲まれた城でのウェディングが可能でしょう。イタリアならば、キリスト教の総本山であるローマでの挙式なども可能です。このように、洋式の結婚式を行う場合、本場であるヨーロッパで行ってみてはいかがでしょうか。

フランスで挙式

凱旋門があり、花の都と呼ばれるパリが存在する国というのが、フランスのイメージではないでしょうか。フランスでは西暦500年代からキリスト教が取り入れられ、現在でも信仰されています。カトリックの聖人として名高く、自らも剣を取った乙女であるジャ・・・

イギリスで挙式

霧の都ロンドンを首都とするイギリスでも、キリスト教が信仰されており、教会などでの挙式が行われています。 特に注目すべきは、セント・バーソロミュー・ザ・グレート教会です。900年以上の歴史があり、ロンドン最古と呼ばれている教会です。イギリス王室の方々や著名人も・・・

イタリアで挙式

イタリアはキリスト教発祥の地であり、総本山であるローマを首都とした国です。そのため、様々な歴史や人物を由来とする教会が多く存在します。 結婚という場面は、人生を捧げあい、愛しあうことを誓った二人の場です。そうした二人が式を挙・・・